令和元年度 医療法人埼玉成恵会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 47 54 60 130 185 343 466 294 88
令和元年度に当院を退院した患者数は、1673人で、60代以上の患者さんが全体の71%と多い傾向になっております。80代以上の患者さんは23%で昨年の19.7%より増加しており、高齢化社会に反映しご高齢の患者さんの入院割合が増えていることがわかります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 定義副傷病-なし 12 11.08 13.72 0.00% 64.83
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 10 13.20 17.71 0.00% 84.20
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 10 9.90 13.48 0.00% 81.40
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 5.83
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病-なし 12.58
患者数が10人未満の場合は「-」で表示してあります。
糖尿病やご高齢の方の心不全、肺炎で入院されるケースが多くなっています。高齢での心不全や肺炎では重症化しやすく、又、回復までに時間を要すことが多く、退院できるまでの体力が回復するまで必要に応じて、地域包括ケア病棟をご利用していただき、可能な限り日常生活の自立が改善されることを待って退院して頂いております。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病-なし 67 3.15 2.63 0.00% 61.87
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 22 5.68 4.85 0.00% 61.68
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 15 10.00 7.65 6.67% 56.33
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2-なし 14 12.43 8.86 0.00% 56.93
060241xx97xxxx 痔核 手術あり 13 4.15 5.72 0.00% 69.31
最も多いのは小腸大腸の良性疾患で、内視鏡下での切除を行う疾患の症例数が多くなっております。
その他、トップ5症例以外として専門医による当院で可能な腹腔鏡下で行う手術症例も診療しております。
また、癌などの専門的な分野の治療については、状況に応じて適切に専門医療機関への紹介も行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 71 50.9 25.94 15.49% 77.8
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 60 8.03 7.12 0.00% 56.25
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 45 30.9 16.54 0.00% 72.08
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 44 22.56 21.53 2.27% 65.9
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 44 6.75 5.54 0.00% 57.25
当院では、整形外科の患者さんが最も多く、特に股関節疾患や膝関節疾患が多いのが特徴です。
前年度より膝関節疾患が増加、その要因には、膝関節専門医の診療日が増えた為と思われます。
しかし、加療中における既存の内科的慢性疾患を合併しているケースも多く、平均在院日数は
全国平均よりも長くなっている傾向となっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx99x0xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 手術なし 手術・処置等2-なし 5.29
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1-なし 12.55
患者数が10人未満の場合は「-」で表示してあります。
当院では形成外科疾患に対する診療も行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.01
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし 16.13
010060x2990001 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 6.47
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 7.10
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 18.81
患者数が10人未満の場合は「―」で表示してあります。
当院では非常勤による脳神経外科専門医の診療体制により診療を行っております。
病態により、専門医療機関への紹介も適時行っております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.01
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 7.34
070520xx99xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術なし 8.42
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2-なし 6.22
010060x2990421 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-2あり 30.69
患者数が10人未満の場合は「―」で表示してあります。
当院では非常勤による神経内科専門医の診察を週2日行っております。
上記疾患以外にも多数の神経内科症例の診療にあたっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 8
大腸癌 8
乳癌 8
肺癌 8
肝癌 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数が10人未満の場合は「-」で表示してあります。
当院は全国がん登録へ参加し、適切な報告を行っております。
主に胃癌、大腸癌の症例について、適時対応、病状に応じて適切な医療機関に紹介させていただいています。
また、専門的治療を終えた経過観察の患者さんの継続診療の対応も行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 8.86 51.57
中等症 29 16.93 81.10
重症
超重症
不明
患者数が10人未満の場合は「―」で表示してあります。
この指標は重症度別患者数を示したもので、当院では軽度から中等度の肺炎の方が多く入院されました。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 13 14.15 77.15 23.08
その他
脳梗塞の患者数も昨年より増え、平均年齢77.15歳、平均在院日数は2週間前後が多く、麻痺などの状況により、約23%の方が回復期リハビリ病院などへ転院されていることが分かります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 59 0.02 2.08 0.00% 61.64
K6335 鼠径ヘルニア手術 21 1.14 3.57 0.00% 62.71
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 13 1.00 2.15 0.00% 69.31
K672-2 腹腔鏡下胆のう摘出術 11 1.18 5.18 9.09% 64.82
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 8 0.00 2.50 0.00% 63.50
外科手術で、最も多かったのは内視鏡的大腸ポリープ切除術で、ついで、鼠経ヘルニア、痔核手術となっていますが、
その他計上されていない腹腔鏡下胆嚢摘出術や腹腔鏡下における虫垂炎手術に対しても対応しております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩)(膝)(股) 86 1.02 28.51 1.16% 69.85
K0462 骨折観血的手術(手舟状骨)(前腕)(下腿) 67 3.69 19.16 2.99% 55.66
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿)             62 6.50 36.97 11.29% 76.66
K068-2 関節鏡下半月板切除術 60 1.00 6.03 0.00% 56.25
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)(指)(足)(膝蓋骨) 55 2.78 14.05 0.00% 53.15
整形外科主要手術別患者数では、肩関節・膝関節・股関節での人工関節置換術が最も多く、
次いで、骨折観血的手術となっています。高齢者の転倒による骨折、橈骨遠位端骨折や大腿骨周囲の骨折が増えています。自宅での生活に向けてリハビリがとても重要であり、必要に応じて、地域包括ケア病棟へ転室後、更にリハビリを集中的に行い在宅復帰への支援を行っています。又、なるべく術前日数を短縮できるよう体制強化に取り組んでおります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.83%
異なる
手術後の合併症については、1%と未満と少ないものの、今後も0%に近づくよう努力してまいります。
更新履歴
2020年9月28日
令和元年度病院指標を公開しました。