平成30年度 医療法人埼玉成恵会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 29 64 54 72 170 262 452 459 310 73
平成30年度に当院を退院した患者数は1945人で、約66.5%の入院患者さんが60歳以上の方となっております。更に80歳以上が19.7%と比較的ご高齢の方が多く入院されていることが分かります。
また、救急医療・二次救急を行い、整形外科を中心とした地域医療を提供しておりますが、近年高齢化が進み、重症化するケースが多く、退院が長期化することが見受けられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 11 20.18 17.66 18.18 76.64
040100xxxxx01x 喘息 手術・処置等2-なし 定義副傷病あり 11.59
100380xxxxxxxx 体液量減少症 9.12
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 15.17
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 20.92
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
心不全が上位となっておりますが、肺炎、糖尿病等、内科全般の診療も行なっております。
近年は、ご高齢の方が心不全や肺炎で入院されるケースが多くなっています。
ご高齢の方の肺炎・誤嚥性肺炎は重症化しやすく、難渋する症例も見られました。また、栄養サポート介入や摂食機能療法も取り入れ栄養管理及び嚥下機能の促進を図っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 83 3.27 2.67 0 64.22
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 24 5.50 7.40 4.17 59.75
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 23 5.61 4.96 0 62.96
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2-なし 19 5.16 7.30 5.26 44.95
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 17 9.29 7.75 0 54.00
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
内視鏡専門医と消化器外科専門医が連携し診療にあたっております。そのため、今年度は大腸ポリープの患者さんが多く、短期滞在入院されました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 88 46.50 26.30 34.09 77.56
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2-1あり 55 2.13 2.79 0 70.02
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 53 22.47 22.27 0 66.64
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 45 24.96 21.47 4.44 79.64
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 43 8.42 7.29 0 55.51
当院では、整形外科の患者さんが最も多く、特に股関節疾患、脊椎疾患が多いのが特徴です。
一方、加療中における既存の内科的慢性疾患を合併しているケースも多く、内科専門医の併診の症例も多く、平均在院日数は全国平均よりも長くなっている結果となっています。
その他、外傷を伴わない半月板損傷や靱帯損傷における治療が多く行なわれています。
早期リハビリテーションの取り組みを行い、社会復帰に向け多職種が関わり支援しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 104 3.29 5.68 0 58.76
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病なし 56 3.30 4.13 0 47.32
070200xxxxxxxx 手関節症(変形性を含む。) 55 4.62 8.14 0 65.09
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 32 4.22 4.83 0 62.75
070160xx97xxxx 上肢末梢神経麻痺 その他の手術あり 22 4.41 6.83 0 67.14
橈骨遠位端骨折での入院が最も多く、次いで手関節周囲の骨折・脱臼が多い結果となりました。
現在、整形外科医師が手外科疾患の診療を行なっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.10
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 9.69
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 7.35
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病なし 16.16
010060x2990001 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 6.59
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
非常勤の脳神経外科専門医が診療を行なっております。
この結果は、国際疾病分類に基づいた指標です。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.10
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 9.69
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 17.66
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病なし 16.16
010060x2990001 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 6.59
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
非常勤の神経内科専門医が診療を行なっております。さまざまな難病疾患の診療を行っております。
この結果は、国際疾病分類に基づいた指標です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
この表は5大癌と呼ばれる癌の患者数をUICC病期別で分類して集計したものです。
原発巣の進展度、所属リンパ節への転移の有無、また遠隔転移など分類するものです。
当院では全国がん登録の提出を行なっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 26 11.35 78.65
重症
超重症
不明
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
この指標は重症度別患者数を示したもので、当院では中等症の肺炎の方が最も多く入院されました。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
この指標は、脳梗塞の患者を発症日からの日数で分類したものです。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 81 0.07 2.09 0 64.40
K6335 鼠径ヘルニア手術 21 1.14 3.52 0 63.14
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 4.73 5.73 0 61.00
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法))
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
外科手術では、内視鏡的大腸ポリープ切除術が最も多く、次いで、鼡径ヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術となっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股)(膝) 96 1.39 17.71 1.04 66.24
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 73 4.64 12.55 2.74 59.64
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 57 1.77 25.67 0 69.40
K068-2 関節鏡下半月板切除術 43 1.02 6.40 0 55.51
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 33 3.45 17.21 0 57.48
整形外科の上位5位までの患者数、術前、術後の日数等の指標となります。
変形性膝関節症や股関節の手術が最も多く、次いで、転倒による大腿骨周囲の骨折が増えています。
整形外科では術後のリハビリが重要であり、当院では地域包括ケア病棟へ転棟後、更にリハビリを行い、在宅復帰への支援を行なっております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(手舟状骨)(前腕) 80 0.80 1.00 0 21.60
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 35 0.97 1.03 0 56.43
K0591 骨移植術(軟骨移植術を含む、自家骨移植) 17 0.94 2.71 0 43.65
K0803 関節形成手術(指) 16 1.00 2.44 0 66.81
K093 手根管開放手術 15 1.00 2.67 0 64.47
形成外科の上位5位までの患者数、術前、術後の日数等の指標となります。
前腕の骨折が最も多く、短期間の入院となっております。
手根管開放手術と同時に正中神経麻痺における対立障害に対する症例、肘部管症候群における症例も取り扱っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
この表は、DIC、敗血症、感染症の合併症が発症した指標です。
当院では、感染症対策に注意喚起、啓蒙活動を病院全体で取り組んでおります。
更新履歴
2019年9月25日
平成30年度病院指標を公開しました。