平成29年度 医療法人埼玉成恵会 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 47 107 90 113 165 261 491 456 306 86
救急医療、二次救急を行い地域医療に取り組んでおります。
特に整形外科、手外科を中心とした質の高い医療を提供しています。
近年、高齢化が進み65歳以上の受診者が多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 12 31.00 17.71 16.67 83.92
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 14.27
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 13.51
100380xxxxxxxx 体液量減少症 9.16
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.34
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
今回の集計では心不全が上位となっておりますが、糖尿病、肺炎等、内科全般の診療も行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 19 7.37 7.39 0 57.26
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2-なし 16 9.25 9.06 0 47.81
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 14 11.71 7.87 0 55.21
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2-なし 10 5.30 7.27 0 54.70
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.15
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
消化器外科専門医が診療に当たっております。
今年度は腸炎の疾患が多く受診され、平均在院日数では全国平均で改善され退院されております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 70 52.04 27.09 22.86 77.17
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 63 9.98 11.41 0 54.35
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 53 22.87 23.14 1.89 67.94
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2-1あり 48 4.02 2.93 2.08 70.42
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 48 21.60 19.94 8.33 77.17
当院では特に関節疾患、脊椎疾患に対応する専門医が診療を行い、年間症例数からわかりますように、多くの患者さんが当院で治療されております。
早期リハビリテーションを行い、社会復帰に向け、多職種が関わり支援しています。
また、全国平均より比較的在院日数が長くなっておりますが、転院率を見ても分かるように自院での治療完結型になっていることが要因と思われます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 139 3.45 5.21 0 54.27
070200xxxxxxxx 手関節症(変形性を含む。) 90 5.08 8.72 0 62.83
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 副傷病なし 80 3.29 4.17 0 40.96
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 71 3.76 5.51 0 66.82
160990xx97x0xx 多部位外傷 手術あり 手術・処置等2-なし 23 8.17 18.54 4.35 46.61
小児先天疾患から、四肢の外傷、あらゆる手外科疾患に専門医が診療を行っています。
特に、今年度は橈骨遠位端骨折が非常に多い結果となりました。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 7.34
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 6.32
010060x0990211 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病1あり 17.97
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 19.10
010170xx99x01x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病あり 26.77
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
非常勤の脳神経外科専門医が診療を行っております。
この結果は、国際疾病分類に基づいた指標です。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.15
010160xx99x01x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病あり 35.79
010060x3990210 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病1あり 25.60
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 18.66
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
非常勤の神経内科専門医が診療を行っております。
この結果は、国際疾病分類に基づいた指標です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
この表は5大癌と呼ばれる癌の患者数をUICC病期別で分類して集計したものです。
原発巣の進展度、所属リンパ節への転移の有無、また遠隔転移など分類するものです。
この分類に基づき腫瘍の診断、治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 22 15.27 84
重症
超重症
不明
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
この指標は肺炎の重症度別患者数を示したもので、当院でもっとも多く診療に当たったのは中等症の肺炎となりました。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 12
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
この指標は、脳梗塞の患者を分類したものです。
当院では非常勤の脳神経外科、神経内科の専門医師が治療を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 50 0 2 0 63.06
K6335 鼠径ヘルニア手術 19 1 3.21 0 61.42
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 10 1 2 0 60.30
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達する)(長径10cm以上)(その他)
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
上位5位までの手術数となりますが、内視鏡的大腸ポリープの手術が多くありました。
胆のう疾患、鼠径ヘルニアなどに対し、腹腔鏡手術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股)(膝) 100 1.40 29.86 3.00 69.44
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨)(上腕)(大腿) 65 7.18 41.31 10.00 74.63
K068-2 関節鏡下半月板切除術 46 1.37 6.54 0 59.43
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 38 3.47 23.66 0 68.63
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 34 4.18 38.29 2.94 72.59
整形外科の上位5位までの患者数、術前、術後の日数等の指標となります。
早期リハビリテーションなど、多職種が関わり退院支援をしています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(手舟状骨)(前腕) 104 1.13 2.28 0 60.54
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿)(前腕) 51 1.25 1.53 0 46
K0803 関節形成手術(指) 30 1 2.33 0 62.77
K108 母指対立再建術 27 1 2.67 0 66.15
K0463 骨折観血的手術(指)(手(舟状骨を除く)) 27 0.93 1.11 0 34.67
形成外科の上位5位までの患者数、術前、術後の日数等の指標となります。
専門医がより質の高い医療を提供することにより、短期間の入院となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 1 0.05
180010 敗血症 同一
異なる 1 0.05
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.82
異なる
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
この表は、DIC、敗血症、感染症の合併症を発生した指標です。
当院では、感染症対策に注意喚起、啓吾活動を病院全体で取り組んでいます。
更新履歴
2018/09/29
病院情報公開のページを更新しました。
2018/10/02
コメント欄を追加しました。