平成28年度 医療法人埼玉成恵会 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 52 139 95 125 193 267 485 469 369 95
平成28年度の調査では、退院患者数のわりに0~10歳台の患者さんの割合が多くなっているのは、手外科での小児症例を多く扱っていることが主な要因となっております。一方、60歳台以上の患者さんも多くなっているが、これは少子高齢化が進んでいることの影響と思われます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 17 11.12 8.31 0 46.06
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11 16.36 13.60 9.09 80.00
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.43
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 15.29
0400801499x013 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病あり 20.10
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
最も多い疾患は肺炎で、比較的軽症の患者さんが多く入院しました。
肺炎治療中において循環器疾患・糖尿病等の合併を有する患者さんも入院されておりました。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2-なし 17 10.94 9.19 0 50.65
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 14 12.86 7.89 0 46.07
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 12 7.58 7.44 0 76.00
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11 8.45 9.08 0 76.00
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2-なし 7.24
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
最も多い症例は腸炎となっています。また、憩室炎、腸閉塞の症例もあり、その治療にもあたりました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 93 60.26 27.63 8.60 79.31
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 63 9.92 11.91 0 48.92
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 62 50.37 26.26 3.23 75.77
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 58 27.14 24.42 0 66.00
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 50 23.48 23.61 4.00 81.70
最も多い疾患は、高齢者による大腿骨近位骨折です。全国平均より比較的在院日数が長くなっておりますが、転院率を見ても分かるように自院での治療完結型になっていることが要因と思われます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 141 3.65 5.49 0 55.26
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 85 4.45 5.69 0 65.06
070200xxxxxxxx 手関節症(変形性を含む。) 84 4.85 9.22 0 64.69
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 副傷病なし 79 3.28 4.37 0 33.09
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷 その他の手術あり 58 5.53 10.04 0 59.81
当院の形成外科は手の外科研究所も併設しており、専門性に特化した診療科となっています。主に首都圏からの紹介患者も多く、専門医が診療にあたっています。調査結果からも分かるように標準的な治療が行われ、平均在院日数は全国平均からみても極めて短くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 16.54
010060x2990001 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 6.99
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 9.36
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2-なし 6.38
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.24
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
現在、非常勤医師のみでの診療をおこなっています。その為、入院患者数も少なくなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 13.21 49.17
中等症 10 24.00 87.10
重症 34 21.24 79.76
超重症
不明
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
軽症の患者さんが比較的多いが、年齢等が上がっていくと中等症から重症に移行する患者さんもみられました。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 16 12.13 71.19 15.79
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
症例数からみて転院率が高率になっておりますが、病態に応じて早期に専門病院に転院させている為です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 61 0 2.05 0 62.02
K6335 鼠径ヘルニア手術 20 1 7.05 0 64.85
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術)
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術や鼡径ヘルニア手術の症例における短期入院の患者さんを多く取り扱っております
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股)(膝) 115 1.77 36.91 2.61 70.94
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 86 7.76 48.28 15.12 76.45
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 57 2.74 23.09 3.51 65.49
K068-2 関節鏡下半月板切除術 45 1.00 6.04 0 56.89
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)(足)(膝蓋骨) 44 2.45 17.84 0 50.82
当院では計画的入院においては、手術前日の入院となっております。
また、日常生活自立と機能回復にむけてのリハビリテーションをおこなっており、入院期間が長期化しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(手舟状骨)(前腕) 92 1.01 2.14 0 54.10
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 68 1.00 1.29 0 49.51
K0803 関節形成手術(指) 42 0.95 2.50 0 65.40
K0463 骨折観血的手術(指)(手(舟状骨を除く)) 37 1.05 1.70 0 34.30
K093 手根管開放手術 36 0.92 2.61 0 68.31
今回の調査期間では骨折関連の症例が多くみうけられましたが、専門医が治療にあたり、短期間の入院となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 1 0.04
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 24 1.00
異なる
患者数が10未満の場合は「-」で表示してあります。
手術・処置等の合併症の症例の中には、他院で発生した症例も多くみられました。
更新履歴
平成29年10月10日
コメント欄を追加しました。